Home > VC# マニュアル メニュー
VC# マニュアル お品書き
Visual C# リファレンス


VC# 文字列操作

.NET Framework 4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0
.NET Framework Client Profile 4、3.5 SP1

using System;

お品書き
● 文字列の連結 +演算子文字列と文字列を連結します。
● 文字列の比較 比較演算子文字列と文字列を比較します。
● 文字の抽出 []インデクサ 文字列から指定場所の1文字を抽出します。
● String.Length プロパティ文字列の文字数を取得します。
● String.Format メソッド数値や日付を(書式を指定して)文字列へ変換します。
● String.ToString メソッド数値や日付を(書式を指定して)文字列へ変換します。
● String.IndexOf メソッド文字列を前方から検索します。
● String.LastIndexOf メソッド文字列を後方から検索します。
● String.Substring メソッド文字列を切り取ります。
● String.Replace メソッド文字列を置換します。
● String.Split メソッド文字列を分解します。
● String.ToLower メソッド文字列を小文字に変換します。
● String.ToUpper メソッド文字列を大文字に変換します。
● String.Trim メソッド文字列の先頭と末尾にある空白文字を削除します。
● String.IsNullOrEmpty メソッド文字列が null または Empty であるかどうかを判断します。
● String.IsNullOrWhiteSpace メソッド文字列が null または Empty であるか、または 空白文字だけで構成されているかどうかを判断します。
● String.StartsWith メソッド文字列の先頭が、指定された文字列と一致するかどうかを判断します。
● String.EndsWith メソッド文字列の末尾が、指定された文字列と一致するかどうかを判断します。

文字列の連結 +演算子

【機能】文字列を連結します。
【書式】文字列 + 文字列
【戻り値】+演算子で文字列を連結します。また、+演算に文字列に続いて数値変数があれば、文字列に変換されて 連結されます(暗黙的に ToString() メソッドが呼ばれる)。
【 例 】string s1 = "Hello, " + "World";s1 → ”Hello, World"
【 例 】string s1;
string s2 = "Hello,";
string s3 = "World";
s1 = s2 + " " + s3;
s1 → "Hello, World"
【 例 】int i = 100;
string s1 = "data = " + i;
s1 → "data = 100"
【 例 】float f = 98.5F;
string s1 = f + "%";
s1 → "98.5%"
【 例 】string s1 = 12 + 34 + "yen";s1 → "46yen"
【 例 】string s1 = "" + 12 + 34 + "yen";s1 → "1234yen"
【 例 】string s1 = "No." + 12 + 34;s1 → "No.1234"
【 例 】string s1 = "No." + (12 + 34);s1 → "No.46"
▲TOP

文字列の比較 比較演算子

【機能】文字列を比較します。
【書式】文字列 == 文字列
文字列 != 文字列
【 例 】 string s1 = "Hello";
string s2 = "HELLO";
int result = -1;
if (s1 == s2){
    result = 0;
}
result → -1
【 例 】 string s1 = "Hello";
string s2 = "HELLO";
int result = -1;
if ( s1.ToUpper() == s2.ToUpper() ){
    result = 0;
}
result → 0
▲TOP

文字の抽出 []インデクサ

【機能】文字列から指定場所の1文字を抽出します。
【書式】文字列 [ インデックス ]
【戻り値】文字列データに対して、角括弧 [] を使って文字列内の特定位置の文字を参照することができます (インデクサ) 。
インデックス (添え字) で指定する数字は、0 から始まります。バイト単位の参照ではなく、文字単位(Unicode) です。
【 例 】string s1 = "ABCDEFG";
char c = s1[0];
c → "A"
【 例 】string s1 = "あいうえお";
char c = s1[1];
c → "い"
【 例 】string s = "20130330";
string s2 = "" + s[0] + s[1] + s[2] + s[3] + "/" + s[4] + s[5] + "/" + s[6] + s[7];
s2 → "2013/03/30"
▲TOP

String.Length プロパティ

【機能】文字列の文字数を取得します。
【書式】String.Length
【 型 】int
【 例 】 string s = "Hello,World.";
int i = s.Length;
i → 12
【 例 】 string s = "こんにちは";
int i = s.Length;
i → 5
▲TOP

文字列の整形 String.Format メソッド

【機能】数値や日付を書式を指定して文字列に整形します。
【書式】String.Format ( "{index[,length][:formatString]}", value )
要素説明
index0 から始まるパラメータ位置
length整形する文字列のサイズ。正数の場合、右揃えになります。負数の場合、左揃えになります。
formatString整形する書式指定文字。

標準の数値書式指定文字列 ※大文字/小文字は区別しません
formatString機能説明対象
C通貨通貨値すべての数値型
DDecimal整数整数型
E指数指数表記すべての数値型
F固定小数点 整数と小数すべての数値型
G[全般]固定小数点表記または指数表記(簡潔形式)すべての数値型
N[数値]整数と小数の桁区切りすべての数値型
Pパーセントパーセント記号(数値に 100 を掛ける)すべての数値型
Rラウンドトリップ同じ数値にラウンドトリップできる文字列Single、Double、BigInteger。
X16 進数16 進数文字列整数型
【戻り値】指定した書式にを整形した string を返します。
【例外】
ArgumentNullException書式指定文字列 が null です。
FormatException書式指定文字列 が 無効です。
【 例 】string s = String.Format ("{0}" , 1000);"1000"
【 例 】string s = String.Format ("{0:N}yen" , 1000);"1,000.00yen"
【 例 】string s = String.Format ("{0:N0}yen" , 1000);"1,000yen"
【 例 】string s = String.Format ("{0:C}" , 1000);"¥1,000"
【 例 】string s = String.Format ("{0}/{1}/{2}", 2013, 3, 30);"2013/3/30"
【 例 】string s = String.Format ("{0:D4}/{1:D2}/{2:D2}", 2013, 3, 30);"2013/03/30"
【 例 】string s = String.Format ("{0}説明{1}", "{", "}");"{説明}"
【 例 】string s = String.Format ("{0:P}", 0.98215234);"98.22%"
【 例 】string s = String.Format ("{0:P1}", 0.982998);"98.3%"
【 例 】string s = String.Format ("{0:D6}", 123);"000123"
【 例 】string s = String.Format ("{0:D6}", -123);"-000123"
【 例 】string s = String.Format ("{0:X}", 15);"F"
【 例 】string s = String.Format ("{0:X2}", 15);"0F"
【 例 】string s = String.Format ("{0, -8}/{1, 8}", "ABCD", "EFGH");"ABCD□□□□/□□□□EFGH" ※□は半角スペース
【 例 】string s = String.Format ("{0, 8:N0}", 1234);"□□□1,234" ※□は半角スペース
【 例 】string s = String.Format ("{0:F}", 123.55555);"123.56"
【 例 】string s = String.Format ("{0:F1}", 123.55555);"123.6"
▲TOP

【書式】 標準の日時の書式指定文字列
formatString出力(※カルチャに注意)説明
dyyyy/MM/dd短い形式の日付パターンです。
Dyyyy年M月d日長い形式の日付パターンです。
fyyyy年M月d日 H:mm完全な日付と時刻のパターン (短い時刻)。
Fyyyy年M月d日 H:mm:ss完全な日付と時刻のパターン (長い時刻)。
gyyyy/MM/dd H:mm一般の日付と時刻のパターン (短い時刻)。
Gyyyy/MM/dd H:mm:ss一般の日付と時刻のパターン (長い時間)。
m , MM月d日月日パターン。
o , Oyyyy-MM-ddTHH:mm:ss.fffffffラウンド トリップ日時のパターン。
r , Rddd, dd MMM yyyy HH:mm:ss GMTRFC1123 パターン。
syyyy-MM-ddTHH:mm:ss並べ替え可能な日付と時刻のパターン。
tH:mm短い形式の時刻パターンです。
TH:mm:ss長い形式の時刻パターンです。
uyyyy-MM-dd HH:mm:ssZユニバーサルの並べ替え可能な日付と時刻のパターン。
Uyyyy年M月d日 H:mm:ss汎用完全な日付と時刻のパターン。(※UTC)
y , Yyyyy年M月年月パターン。
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013/03/01 9:08:03"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:d}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013/03/01"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:D}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013年3月1日"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:f}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013年3月1日 9:08"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:F}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013年3月1日 9:08:03"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:g}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013/03/01 9:08"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:G}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013/03/01 9:08:03"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:m}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"3月1日"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:M}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"3月1日"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:O}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013-03-01T09:08:03.0000000"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:R}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"Fri, 01 Mar 2013 09:08:03 GMT"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:s}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013-03-01T09:08:03"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:t}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"9:08"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:T}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"9:08:03"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:u}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013-03-01 09:08:03Z"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:U}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013年3月1日 0:08:03"
【 例 】DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = String.Format ("{0:Y}" , dt);

2013/03/01 9:08:03
"2013年3月"
▲TOP

【書式】 標準の時間の書式指定文字列
formatString出力説明
cd.hh:mm:ss.FFFFFFF固定 (不変) 書式 。カルチャに依存しません。
gd:h:mm:ss.FFFFFFF一般の短い書式 。カルチャに依存します。
Gd:hh:mm:ss.fffffff一般の長い書式 。カルチャに依存します。
【 例 】TimeSpan ts = TimeSpan.Parse("9:08:03");
string s = String.Format ("{0}" , ts);

9:08:03
"09:08:03"
【 例 】TimeSpan ts = TimeSpan.Parse("9:08:03");
string s = String.Format ("{0:c}" , ts);

9:08:03
"09:08:03"
【 例 】TimeSpan ts = TimeSpan.Parse("9:08:03");
string s = String.Format ("{0:g}" , ts);

9:08:03
"09:08:03"
【 例 】TimeSpan ts = TimeSpan.Parse("9:08:03");
string s = String.Format ("{0:G}" , ts);

9:08:03
"0:09:08:03.0000000"
▲TOP

String.ToString() メソッド

【機能】数値や日付を文字列へ変換します。
【書式】String.ToString( )
【戻り値】値を string へ変換して返します。
【 例 】 int i = 100;
string s = i.ToString();
s →"100"
【 例 】 float f = 123.4567F;
string s = f.ToString();
s →"123.4567"
【 例 】 DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = dt.ToString();
s →"2013/03/01 9:08:03"
【 例 】 TimeSpan ts = TimeSpan.Parse("9:08:03");
string s = ts.ToString();
s →"09:08:03"
▲TOP

String.ToString(IFormatProvider) メソッド

【機能】値を文字列へ変換します。
【書式】String.ToString( format )

カスタムの数値の書式指定文字列
formatString機能説明
0ゼロ プレースホルダー数値をゼロで埋めます。
#桁プレースホルダー#を数値で埋めます。
.小数点 小数点位置を指定します。
,桁区切り記号および数値の位取りカンマ位置を指定します。
%パーセント プレースホルダー 数値に 100 を乗算し、結果の文字列にローカライズされたパーセント記号を挿入します。
E0
E+0
E-0
e0
e+0
e-0
指数表記 後に 0 (ゼロ) が 1 つ以上続く場合に、指数表記を使用して結果の書式を設定します。 大文字 "E" と小文字 "e" は、結果の文字列の指数記号を大文字にするか小文字にするかを示します。 "E" 文字または "e" 文字の後に続くゼロの数によって、指数部の最小桁数が決まります。 正符号 (+) は、符号文字が指数部の前に常に挿入されることを示します。 負符号 (-) は、指数部が負の値の場合にだけその前に符号文字が挿入されることを示します。
¥[エスケープ文字]次の文字はカスタム書式指定子ではなくリテラルとして解釈されます。
'string'リテラル文字列区切り記号 囲まれた文字列が結果の文字列にそのままコピーされることを示します。
;セクション区切り記号正の数値、負の数値、およびゼロの数値に対して、別々の書式指定文字列を使用してセクションを定義します。
【 例 】int i = 123;
string s = i.ToString("00000");
s →"00123"
【 例 】float f = 123.4567F;
string s = f.ToString("#.00");
s →"123.46"
【 例 】int i = 1234;
string s = i.ToString("#,###,##0");
s →"1,234"
【 例 】int i = 1234;
string s = i.ToString("#,###,##0;(#,###,##0);0");
s →"1,234"
【 例 】int i = -1234;
string s = i.ToString("#,###,##0;(#,###,##0);0");
s →"(1,234)"
【 例 】int i = -1234;
string s = i.ToString("#,###,##0;▲#,###,##0;''");
s →"▲1,234"
【 例 】int i = 0;
string s = i.ToString("#,###,##0;▲#,###,##0;''");
s →""
▲TOP

【書式】 カスタムの日時の書式指定文字列
formatString説明
d日 (1 〜 31)
dd日 (01 〜 31)
ddd曜日の省略名 (Sun、・・・)
dddd曜日の完全名 (Sunday、・・・)
f 〜 fffffff1/10秒 〜 1/10000000秒
F 〜 FFFFFFF1/10秒 〜 1/10000000秒 ※ただし 指定桁がゼロの場合は表示されません。
g , gg期または時代 (年号)
h12時間形式の時 (1 〜 12)
hh12時間形式の時 (01 〜 12)
H24時間形式の時 (0 〜 23)
HH24時間形式の時 (00 〜 23)
Kタイム ゾーン情報
m分 (0 〜 59)
mm分 (00 〜 59)
M月 (1 〜 12)
MM月 (01 〜 12)
MMM月の省略名
MMMM月の完全名
s秒 (0 〜 59)
ss秒 (00 〜 59)
tAM/PM 指定子の最初の文字 (A , P)。
ttAM/PM 指定子(AM , PM)。
y年 (0 〜 99)
yy年 (00 〜 99)
yyy年 (3桁以上)
yyyy年 (4桁)
yyyyy年 (5桁)
zUTC を基準とする時間単位のオフセット (先行ゼロなし)。
zzUTC を基準とする時間単位のオフセット (先行ゼロ付きの 1 桁の値)。
zzzUTC を基準とする時間および分単位のオフセット。
:時刻の区切り記号
/日付の区切り記号
'文字列'リテラル文字列の区切り記号
【 例 】 DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = dt.ToString("yyyy/MM/dd HH:mm:ss");
s →"2013/03/01 09:08:03"
【 例 】 DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = dt.ToString("HH:mm:ss");
s →"09:08:03"
【 例 】 DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = dt.ToString("yyyy年M月d日(ddd)");
s →"2013年3月1日(金)"
【 例 】 DateTime dt = DateTime.Parse("2013/3/1 9:08:03");
string s = dt.ToString("dddd");
s →"金曜日"
▲TOP

【書式】 カスタムの時間の書式指定文字列
formatString説明
d , %d日数 (0 〜 99999999)
dd 〜 dddddddd日数 (0 〜 99999999)
h , %h時 (0 〜 23)
hh時 (00 〜 23)
m , %m分 (0 〜 59)
mm分 (00 〜 59)
s , %s秒 (0 〜 59)
ss秒 (00 〜 59)
f 〜 fffffff1/10秒 〜 1/10000000秒
F 〜 FFFFFFF1/10秒 〜 1/10000000秒 ※ただし 指定桁がゼロの場合は表示されません。
'文字列'リテラル文字列の区切り記号
【 例 】 TimeSpan ts = TimeSpan.Parse("9:08:03");
string s = ts.ToString("d'.'hh':'mm':'ss");
s →"0.09:08:03"
▲TOP

String.IndexOf( string ) メソッド

【機能】文字列を前方から検索します。大文字/小文字は区別されます。
【書式】String.IndexOf( searchKey )
パラメータ説明
searchKey検索文字列
【戻り値】最初に見つかった文字位置を int で返します。文字位置は 0 から始まります。文字列が見つからなければ、-1 を返します。
【例外】
ArgumentNullExceptionsearchKey が null です。
【 例 】 string s = "あいうえおアイウエオあいうえお";
int i = s.IndexOf("うえ");
i →2
【 例 】 string s = "あいうえおアイウエオあいうえお";
int i = s.IndexOf("ん");
i →-1
【 例 】 string s = "ABCDEFG";
int i = s.IndexOf("bc");
i →-1
【 例 】 string s = "ABCDEFG";
int i = s.IndexOf("BC");
i →1
▲TOP

String.IndexOf( string, int ) メソッド

【機能】文字列を前方から検索します。大文字/小文字は区別されます。
【書式】String.IndexOf( searchKey, startIndex )
パラメータ説明
searchKey検索文字列
startIndex検索を開始する 0 から始まる文字位置
【戻り値】最初に見つかった文字位置を int で返します。文字位置は 0 から始まります。文字列が見つからなければ、-1 を返します。
【例外】
ArgumentNullExceptionsearchKey が null です。
ArgumentOutOfRangeExceptionstartIndex が 0 未満か、文字列の長さを超えています。
【 例 】 string s = "あいうえおアイウエオあいうえお";
int i = s.IndexOf("うえ", 12);
i →12
【 例 】 string s = "あいうえおアイウエオあいうえお";
int i = s.IndexOf("ウエ", 8);
i →-1
▲TOP

String.LastIndexOf( string ) メソッド

【機能】文字列を後方から検索します。大文字/小文字は区別されます。
【書式】String.LastIndexOf( searchKey )
パラメータ説明
searchKey検索文字列
【戻り値】先頭に向かって最初に見つかった文字位置を int で返します。文字位置は 0 から始まります。文字列が見つからなければ、-1 を返します。
【例外】
ArgumentNullExceptionsearchKey が null です。
【 例 】 string s = "あいうえおアイウエオあいうえお";
int i = s.LastIndexOf("うえ");
i →12
【 例 】 string s = "あいうえおアイウエオあいうえお";
int i = s.LastIndexOf("ん");
i →-1
▲TOP

String.LastIndexOf( string, int ) メソッド

【機能】文字列を後方から検索します。大文字/小文字は区別されます。
【書式】String.LastIndexOf( searchKey, startIndex )
パラメータ説明
searchKey検索文字列
startIndex検索を開始する 0 から始まる文字位置
【戻り値】先頭に向かって最初に見つかった文字位置を int で返します。文字位置は 0 から始まります。文字列が見つからなければ、-1 を返します。
【例外】
ArgumentNullExceptionsearchKey が null です。
ArgumentOutOfRangeExceptionstartIndex が 0 未満か、文字列の長さを超えています。
【 例 】 string s = "あいうえおアイウエオあいうえお";
int i = s.LastIndexOf("うえ", 11);
i →2
▲TOP

String.Substring( int ) メソッド

【機能】文字列を切り取ります。
【書式】String.LastIndexOf( startIndex )
パラメータ説明
startIndex切り取りを開始する 0 から始まる文字位置
【戻り値】startIndex から最後までを切り取った string を返します。
【例外】
ArgumentOutOfRangeExceptionstartIndex が 0 未満か、文字列の長さを超えています。
【 例 】 string s = "あいうえおアイウエオあいうえお";
string s2 = s.Substring( 5 );
s2 →"アイウエオあいうえお"
▲TOP

String.Substring( int, int ) メソッド

【機能】文字列を切り取ります。
【書式】String.Substring( startIndex, length )
パラメータ説明
startIndex切り取りを開始する 0 から始まる文字位置
length切り取る文字数
【戻り値】startIndex 位置から length の数だけ 切り取った string を返します。
【例外】
ArgumentOutOfRangeExceptionstartIndex または length が 0 未満です。
startIndex と length を足した数値が 文字列の長さを超えています。
【 例 】 string s = "あいうえおアイウエオあいうえお";
string s2 = s.Substring( 5, 5 );
s2 →"アイウエオ"
▲TOP

String.Replace( string, string ) メソッド

【機能】文字列を置換します。大文字/小文字は区別されます。
【書式】String.Replace( before, after )
パラメータ説明
before置換前の文字列
after置換後の文字列
【戻り値】before をすべて after の文字列に置換した string を返します。
【例外】
ArgumentNullExceptionbefore が null です。
ArgumentExceptionbefore が "" です。
【 例 】 string s = "ABCDEFGabcdefgABCDEFG";
string s2 = s.Replace("ABC", "あいう");
s2 →"あいうDEFGabcdefgあいうDEFG"
【 例 】 string s = "ABCDEFGabcdefgABCDEFG";
string s2 = s.Replace("ABC", "");
s2 →"DEFGabcdefgDEFG"
▲TOP

String.Split( char[] ) メソッド

【機能】文字列をセパレータで分解します。
【書式】String.Split( separator )
パラメータ説明
separator分解するセパレータ(区切り記号)。配列で複数のセパレータが指定できます。
【戻り値】separator で区切られた部分文字列を格納する string[] を返します。
【 例 】 string s = "Mon,Tue,Wed,Thu,Fri,Sat,Sun";
string[] s2 = s.Split( ',' );
s2[0] →
s2[1] →
s2[2] →
s2[3] →
s2[4] →
s2[5] →
s2[6] →
"Mon"
"Tue"
"Wed"
"Thu"
"Fri"
"Sat"
"Sun"
【 例 】 string s = "TITLE : VC# String.Split(Char[])";
char[] c = new Char[] { ':' , ' ', '.', '(' , ')' };
string[] s2 = s.Split( c );
s2[0] →
s2[1] →
s2[2] →
s2[3] →
s2[4] →
s2[5] →
s2[6] →
s2[7] →
"TITLE"
""
""
"VC#"
"String"
"Split"
"Char[]"
""
▲TOP

String.Split( char[], StringSplitOptions ) メソッド

【機能】文字列をセパレータで分解します。
【書式】String.Split( separator, option )
パラメータ説明
separator分解するセパレータ(区切り記号)。配列で複数のセパレータが指定できます。
optionStringSplitOptions.RemoveEmptyEntries を指定すると返される配列から空の配列要素を省略します。
【戻り値】separator で区切られた部分文字列を格納する string[] を返します。
【例外】
ArgumentExceptionoption が StringSplitOptions 値ではありません。
【 例 】 string s = "TITLE : VC# String.Split(Char[])";
char[] c = new Char[] { ':' , ' ', '.', '(' , ')' };
string[] s2 = s.Split( c );
s2[0] →
s2[1] →
s2[2] →
s2[3] →
s2[4] →
s2[5] →
s2[6] →
s2[7] →
"TITLE"
""
""
"VC#"
"String"
"Split"
"Char[]"
""
【 例 】 string s = "TITLE : VC# String.Split(Char[])";
char[] c = new Char[] { ':' , ' ', '.', '(' , ')' };
string[] s2 = s.Split( c, StringSplitOptions.RemoveEmptyEntries );
s2[0] →
s2[1] →
s2[2] →
s2[3] →
s2[4] →
"TITLE"
"VC#"
"String"
"Split"
"Char[]"
▲TOP

String.ToLower( ) メソッド

【機能】文字列を小文字に変換します。 全角文字も変換されます。
【書式】String.ToLower( )
【戻り値】文字列を小文字に変換した string を返します。
【 例 】 string s = "Hello, World.";
s = s.ToLower();
s →"hello, world."
【 例 】 string s = "Hello,World.";
s = s.ToLower();
s →"hello,world."
▲TOP

String.ToUpper( ) メソッド

【機能】文字列を大文字に変換します。 全角文字も変換されます。
【書式】String.ToUpper( )
【戻り値】文字列を大文字に変換した string を返します。
【 例 】 string s = "Hello, World.";
s = s.ToUpper();
s →"HELLO, WORLD."
【 例 】 string s = "Hello,World.";
s = s.ToUpper();
s →"HELLO,WORLD."
▲TOP

String.Trim( ) メソッド

【機能】文字列の先頭および末尾にある空白文字をすべて削除します。 全角スペースも削除されます。
【書式】String.Trim( )
【戻り値】先頭および末尾にある空白文字をすべて削除した string を返します。
【 例 】 string s = "□□□Hello, World.□□□";   ※ □は半角スペース
s = s.Trim();
s →"Hello, World."
【 例 】 string s = "□□□Hello, World.□□□";   ※ □は全角スペース
s = s.Trim();
s →"Hello, World."
▲TOP

String.IsNullOrEmpty( string ) メソッド

【機能】文字列が null または Empty 文字列であるかどうかを判断します。
【書式】String.IsNullOrEmpty( value )
【戻り値】value が null であるか、または、値が Empty である場合は true を返します。
【 例 】 string s = "abcdefg";
bool b = String.IsNullOrEmpty( s );
b →False
【 例 】 string s = null;
bool b = String.IsNullOrEmpty( s );
b →True
【 例 】 string s = "";
bool b = String.IsNullOrEmpty( s );
b →True
【 例 】 string s = "";
bool b = ( s == null || s == String.Empty );
b →True
▲TOP

String.IsNullOrWhiteSpace( string ) メソッド

【機能】文字列が null または Empty であるか、空白文字だけで構成されているかどうかを判断します。
【書式】String.IsNullOrWhiteSpace( value )
【戻り値】value パラメーターが null または String.Empty であるか、または、value が空白文字だけで構成されている場合は true を返します。
【 例 】 string s = "abcdefg";
bool b = String.IsNullOrWhiteSpace( s );
b →False
【 例 】 string s = "□□□";   ※ □は半角スペース
bool b = String.IsNullOrWhiteSpace( s );
b →True
【 例 】 string s = "□□□";   ※ □は全角スペース
bool b = String.IsNullOrWhiteSpace( s );
b →True
【 例 】 string s = "";
bool b = ( String.IsNullOrEmpty(s) || s.Trim().Length == 0 );
b →True
▲TOP

String.StartsWith( string ) メソッド

【機能】文字列の先頭が、指定された文字列と一致するかどうかを判断します。
【書式】String.StartsWith( value )
【戻り値】value と、この文字列の先頭にある文字列とを比較し、一致する場合は true を返します。
【例外】
ArgumentNullExceptionvalue が null です。
【 例 】 string s = "Start Visual VC#.";
bool b = s.StartsWith( "Start" );
b →True
【 例 】 string s = "Start Visual VC#.";
bool b = s.StartsWith( "tart" );
b →False
【 例 】 string s = "Start Visual VC#.";
bool b = s.StartsWith( "START" );
b →False
▲TOP

String.EndsWith( string ) メソッド

【機能】文字列の末尾が、指定された文字列と一致するかどうかを判断します。
【書式】String.EndsWith( value )
【戻り値】value と、この文字列の末尾にある文字列とを比較し、一致する場合は true を返します。
【例外】
ArgumentNullExceptionvalue が null です。
【 例 】 string s = "c:¥¥work¥¥test";
if ( !s.EndsWith("¥¥") ){
    s = s + "¥¥";
}
s = s + "sample.xls";
s →"c:¥work¥test¥sample.xls"
▲TOP


只今のご来場者数
VC# マニュアル メニューへ戻ります
▲TOP