ネットワーク系コマンド一覧 (Windows)

● ネットワーク環境(ローカルホストの IPアドレスや サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバ、WINSサーバ等の設定)を確認する。

【書式】ipconfig /all  Win
【書式】ifconfig -a  Unix(net-tools)
【書式】ip addr show  Unix(iproute2)
【説明】

● ローカルホストのホスト名を確認する。

【書式】hostname  Win Unix
【説明】

● DNSサーバと正常に通信しているか確認する。

【書式】nslookup ホスト名(IPアドレス)  Win Unix
【説明】応答が返ったか確認する。

● IPアドレスからホスト名を割り出す。
● ホスト名からIPアドレスを割り出す。
● ホスト名(IPアドレス)からユーザアカウント名を割り出す。

【書式】nbtstat -a ホスト名(IPアドレス)  Win
【説明】

● ping を繰り返し実行する。

【書式】ping -t ホスト名(IPアドレス)
【説明】[CTRL+[C]で処理を止めるまで実行する。

【書式】

ping -n 回数 ホスト名(IPアドレス)
【説明】回数分、処理を実行する。

● 指定の宛先までに存在したルータの一覧表示、および、そのルータへの通信品質(応答往復時間(RTT)とパケット喪失率)を表示。

【書式】pathping ホスト名(IPアドレス)  Win Unix

【説明】

各ルータに ICMPのEchoパケットを、0.25秒間隔で100パケット送信、その結果を表示している。
送信間隔やパケット数はオプションで変更できる。
pingや tracertの機能を拡張したようなコマンド。

● ネットワークのMTU(一度に送信可能なパケットサイズ)を調べる。

【書式】ping -f -l 1472 -n 1 ホスト名(IPアドレス)
ping -f -l 1473 -n 1 ホスト名(IPアドレス)

【説明】

-fオプションで、IPフラグメントを禁止。
-lオプションでデータサイズを指定。
1472バイトで応答があり、1473バイトでエラー(Packet needs to be fragmented but DF set.) が返れば、このネットワークのMTUは、1472バイト(データ・サイズ)+8バイト(ICMPヘッダ)+20バイト(IPヘッダ)=1500バイトである。

● ドメインのメールサーバ情報を確認する。

【書式】nslookup -type=mx ドメイン名  Win Unix
【書式】nslookup
> set type=MX
> ドメイン名
【説明】

● 使用中のIPアドレスを調べる。

【書式】for /l %i in (0,1,255) do ping -w 1 -n 1 192.168.1.%i && arp -a 192.168.1.%i >> ip.txt
【説明】電源が入っているマシンを検出して一覧を作成する。

● 使用中のファイルを調べる。

【書式】openfiles /local on  Win
【説明】maintain objects listを有効にする(再起動が必要)。

【書式】

openfiles /query /v  Win
【説明】オープンされているファイル一覧が表示される。

【書式】

openfiles /query /v /s ホスト名  Win
【説明】指定ホストのオープンされているファイル一覧が表示される。

【書式】

openfiles /local off  Win
【説明】maintain objects listを無効にする(再起動が必要)。

● ネットワークの経路を調べる(経路上のルータのルーティング設定が正しいかどうかを確認する)。

【書式】tracert IPアドレス(ホスト名)  Win
【書式】traceroute IPアドレス(ホスト名)  Unix
【説明】目的のホストまでに通過したルータと応答時間を表示する。

● ルーティングテーブルを調べる。

【書式】route print  Win
【書式】route  Unix(net-tools)
【書式】netstat -r  Win Unix(net-tools)
【書式】ip route  Unix(iproute2)
【説明】

● 同一ドメインのホスト名を一覧する。

【書式】net view  Win
【説明】

● ネットワーク経由で接続しているホストがあるか調べる。

【書式】net session  Win
【説明】接続しているホストがあれば,コンピュータ名、ユーザー名、開いているファイル、アイドル時間が一覧表示される。

● 指定した端末へメッセージを送信する。

【書式】net send ホスト名(IPアドレス) メッセージ文  Win
【説明】

● リッスンしているポート番号とプロセス(PID)を一覧する。

【書式】netstat -oan  Win
【説明】Local Addressは、ローカル側のIPアドレスとポート番号。
Foreign Addressは、通信相手のIPアドレスとポート番号。
PID(プロセスID)からプログラム名を取得するには、tasklistコマンドを使う。

● 実行中のプログラム名とプロセス(PID)、および、サービス名を一覧する。

【書式】tasklist /svc  Win
【書式】ps  Unix
【説明】netstat -an 等から検出するPIDからプログラム名を割り出すときに使う。

● 過去通信していたホストのIPアドレスとMACアドレスを一覧する。

【書式】arp -a  Win Unix(net-tools)
【説明】ARPキャッシュの寿命はデフォルトで10分。
IPアドレスからホスト名を割り出すには、「nbtstat -a IPアドレス」。

● ホストのMACアドレスを確認する。

【書式】ping ホスト名(IPアドレス)
arp -a ホスト名(IPアドレス)  Win Unix(net-tools)
【説明】pingでホストと通信を行い、arpで確認する。

● NICのMACアドレスを確認する。

【書式】getmac /v  Win
【書式】ifconfig  Unix
【説明】